とりあえず、ホットミルク。

私の経験が、あなたの背中を支えることが出来るかもしれない。とりあえずホットミルク飲みましょうか。

自分のことでいっぱいいっぱいになったとき

こんばんは、しほ たです。

 

またお休みしてしまいました。。

 

 

でも、あきらめずに頑張ろうとしている自分がいる、そこは評価してあげたい!笑

 

 

あなたは、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうことはありますか?

 

 

きっと、かなしいことがあったときに多いかもしれません。

 

嬉しいとき、楽しいときもそうです、酔っ払ったひとたちが周りを気にせず大きな声で盛り上がっている時なんかは自分(たち)でいっぱいいっぱいになっているとも言えるかもしれませんね。

 

 

特にかなしいときは、どんどん自分の殻に閉じこもって、どこまでも落ちていく感覚に陥ることもあるでしょう。

 

そんなときは、自分から一度離れてみることが大切です。

 

自分を客観視するのです。

 

今の自分はどんなふうに見えるか、どうにかする方法はないのか、何か助言してあげられることはないか。

 

 

そういったことを冷静に考えたあと、他人の目になってみてください。

 

こんな自分はほかの人にはどう映っているのか、どんなひとに見えるのか。

 

最後にあなたが大事にしているひとを思い浮かべて、その人になってみてください。

 

そのひとがどう思うのか、どんな気持ちになるのか。

 

そしてまた自分に戻ってみてください。

 

きっと何か気づくことがあるはずです。

 

自分から離れてみて、客観視することは、自分を大切にするということはもちろん、他人、大事な人をも大切にする行為なんです。

 

落ち込んだとき、かなしいときこそラッキーだと思ってください。

 

あなたが成長するチャンスです。

 

私も、こころがけています。

精神的向上心のないものは馬鹿だ

こんばんは しほ たです。

 

雪がすごすぎて、もはや恐怖です。

前までは雪降ったらわくわくしたんだけどなあ。

 

大人になったってことですかね。笑

 

タイトルの「精神的向上心のないものは馬鹿だ」というフレーズを知っていますか?

 

夏目漱石の「こころ」に登場する、Kの自殺前の言葉です。

 

 

高校生のころ、現代文で「こころ」を学び、当時の衝撃的なこの言葉、いまでもひりひりする臨場感というか、わたしの心に訴えかけてくる言葉。

 

もう10年も経つのに、ふとしたときに浮かんでくるこの言葉。

 

私はちゃんと精神的に向上してるのかな、と自分の行動や言動を振り返り、向上してないな、、、と落ちこむことも多々。

 

 

でも、落ち込んでばかりいられないし、向上出来ていない自分に気づくこと自体が向上に繋がってるのかなっておもうようにして、そこからまた動き始める。

 

今年に入ってから、とあることをきっかけに、こころの勢いが止まってしまったというか、無気力感に襲われていて。

 

でも、本を読んでいたらまたふつふつとやる気が湧き上がってきて。

 

 

ひとって、プラスの感情だけを感じることって不可能なんですよね。

 

 

人生、感情、全てにおいてブランコのような動きをするんですって。

 

プラスのときって、この勢いのままずっと進んでいきたいって思うけど、とあるきっかけで落ちる時がある、それは、ブランコがプラスの方向に最大限に動いた時。

 

また前に進むためには、後ろ、つまりマイナスの方向に動く必要がある。

 

だから、マイナスの感情も出来事も、絶対逃れられないし、必要なものなんです。

 

どんなときも、前向きな気持ちだけは忘れずにいきたいなって思います。

ひとと比べたってキリがないよ

 

 

おはよーございます、しほ たです。

 

言いたいことは分かっています、今日2つ記事書くので許してください!笑

 

 

 

人と比べたって、意味ないことくらい、みなさんもわかっていますよね。

 

 

でも、わかっていても比べてしまうのが人間の性だし、それが向上心にも繋がっていると考えれば、全くいらない性とも言えなさそうです。

 

 

でもね、自分が苦しくなるような比べ方はしてほしくないなって。

 

比べることによって自信をなくし、「私なんて…」「俺なんて…」って思ってしまうなら比べないでほしい。

 

 

本当の意味で自分を可愛がれるのは唯一、自分しかいないんです。

 

批判批評は他人に任せて(黙ってたって、批判するひとは必ずいます)、自分は思いっきり自分を褒めてあげる役に徹するべきだと思うんです。

 

自分のことなんて、甘やかすくらいでちょうどいい。

 

 

みなさん、自分を甘やかしてますか?

 

無理に気をはらないで、ゆったりする時間も設けてくださいね。

 

 

私みたいに、カラダを甘やかしすぎて、正月太りの3キロが戻らないくらいの方がちょうどいいんですよー。笑

食べすぎた…

こんばんは、しほ たです。

 

 

今日、食べすぎてしまいました。。

 

あんまり食べなったり、いっぱい食べたり…

 

 

これが太る原因らしいですね。

 

あんまり食べない時があるから、たくさん食べたとき、きっとカラダが「このひと食べないときあるから、いまのうちに貯めとかないと!」ってなるんでしょうね。

 

やっぱり、日頃の規則正しさってとっても大切なんだろうなーと、この歳になってようやくわかってきました。(おそい)

 

あ、ちなみに私は28です。

 

今年29になります。

 

20代最後の年です、おそろしい。

 

 

カラダに規則正しさが大事なんだとしたら、ココロにも大事なんでしょうね。

 

 

十人十色っていうけど、あるひとが言ってた「一人十色」がわたしの心に残ってる。

 

 

一人の中にもたくさんのひとがいて、いつも同じなんてことはありえない。

 

だから、たくさんの「わたし」と日々向き合っていかなきゃいけないから、それだけでも大変なんですよね。

 

いろんな感情に揺れるときもある。

 

そういうときは無理にコントロールするよりも、流されているのもアリかななんて思ったりもする。

 

「あー、わたし、いまこんなこと思ってる」って。

 

 

ココロの規則正しさがまだわたしにはわからないけど、これからも「たくさんのわたし」をどんな「わたし」も、大切にしていきたいなって思う。

あきらめてしまうのは簡単

こんばんは、しほ たです。

 

今日はお仕事のあと飲み会だったので、明日書こうと思ったんだけど…

 

 

でもやっぱり毎日書くって決めたから。

 

少しでも書く。

 

あきらめることって本当に簡単で、1度いいやって思ったらそのあともずるずるいいやが重なって。

 

 

めんどくさいことを諦め続けてきたらどこまでも落ちていく。

 

 

それに気づけていたらいいのだけど、だいたい気づいた時には底まで落ちてる。

 

 

そうやって、自ら自分のやる気をなくしていく。

 

よく考えると、これも自傷行為のひとつなのではないかと思う。

 

 

自傷行為って、リストカットオーバードーズなどの目に見えるものだけではない。

 

過度な自信のなさだって、立派な自傷行為だ。

 

それに気付かず自分を傷つけてしまっているひとの多いこと。

 

少しずつ、やめていきたいですね。

 

「出来ない」んじゃない、「やってない」だけ

こんばんは、しほ たです。

 

 

みなさんは、出来ないことありますか?

 

でも、もしかしたらそれはやってないだけでやれば出来るかもしれない。

 

私もできないなーって思うことがたくさんあります。

 

でも、よく考えてみたらチャレンジもしてないし、したとしてもすぐあきらめてたなーって。

 

心当たりありありです。笑

 

「出来ない」と思っていることの中に、「出来なくてもいいな」と思っているものと、「出来たらいいな」って思うことがあると思うんです。

 

 

「出来たらいいな」って思うことには勇気を出して1歩踏み出してみたら、出来るようになるかもしれない、もしかしたら得意なことになるかもしれない。

 

 

そういったことに気づいてどんどんトライしていきたいですね。

 

人生は誰のものでもない、自分のものだから。

 

どーせならもっともっと楽しみたいですよね!

自分の好きなこと、言える?

 

こんばんは、しほ たです。

 

私はうつになったとき、自分の好きなものも嫌いなものもわからなくなっていました。

 

わからなくなっていることにも、気づいてなかった。

 

でも今はたくさん言えるよ。

 

その中からひとつ、これだ!って思えるものを探してるところ。

 

みなさんが、日々一生懸命登っているそのハシゴは、将来どこに行き着きますか?

 

そんなことを考えたことはありますか?

 

他人が用意した先の見えないハシゴをただただ何も考えず昇るような人生はつまらない。

 

自分の意志を持った、行き先の見えるハシゴを昇っていきたいですね。

 

 

私も絶対見つける。

 

一緒に見つけましょう。