読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュ障だけど、心は熱い!

私の今までの壮絶な人生、ほとばしるほどの熱い気持ち、その他雑記全て私をさらけ出します! 同志募集! 応援募集! 諸々レビューあり♪

不倫、二股。からの…笑


人気ブログランキングへ

 

 

 

みなさんおはようございます!

 

前回の記事で、また明日ー!と言っておきながら、月曜日です!笑

 

 

そう、わかってくださっている方もいらっしゃるとは思いますが、私は旦那さんと一緒のときは記事を書きません♪

 

 

 

全力でいちゃいちゃしたいのです!笑

 

 

 

旦那さんが以前から仲良くしていた、下の階の方とお食事したり(お手製お料理おいしかったし、何より楽しかったー♡)、バスケ見に行ったり(Bリーグです!とってもエキサイティングだった!!!)、怪しいセミナーに参加したり(興味はある、お金はない笑)、この土日もお仕事で疲れている旦那さんはゆっくりする暇もなく…笑

 

 

 

でも、黙って私に振り回されてる旦那さん、優しすぎますね笑

 

 

よし、もっと大切にしよう!笑

 

 

 

 

 

今日は、高校入学当初からのお話でしたね♪

 

 

 

大好きなバスケ部の先輩(女性)がいて、どうしても入りたかった〇〇高校。

 

 

合格してすぐ、入学前から部活に参加したり、練習試合に出たりしてました!

 

 

 

大好きな先生とは会えるし、バスケも楽しいし、入学前から毎日楽しい日々を過ごしてました♪

 

 

 

で、いざ入学。

 

 

私の頃は学区が撤廃されていたので、私も学区外の高校だったし、結構遠くから通ってる子も多かったです。

 

 

私が通っていた中学からは私を含めて3人来ていました!

 

 

 

私は高校デビューをしようと、毎朝「おはよー!」と席を回ってクラスの全員にあいさつしたりしていましたが、入ってすぐの実力試験の結果が原因ですぐやめることに。。笑

 

 

ここの高校は、それなりに進学校だったので、レベルも高めだったと思います。

 

 

 

私は、完全に燃え尽き症候群になっていたので、全く問題が解けず、250人中230位くらいで、中学までは学年上位だった私は、頭を思いっきり殴られたような気分になり、かなりショックを受けました。

 

 

学業面での初めての挫折です。

 

 

大事件でした。

 

 

高校デビューなんて、そんなことはどうでも良くなり、お勉強頑張らないとと慌てふためいていました笑

 

バスケも、入学前からやっていたけど、練習がきついし、なんか思っていた雰囲気と違うし、元々腰を痛めていたっていうのもあって、入学してちょっとしてから退部してしまいました。。

 

 

私の人生の2本柱の

 

・学業

・バスケ

 

が、あっけなく崩れ去って行ったのです。

 

 

 

このころからかな、なんでも諦めるくせがついたのは。

 

 

なんだか急に心に穴が空いたような感じがしました。

 

 

おうちのことはあまり書いていないけど、母の風邪薬依存症と父の暴力はいつも通りの日時ですよ笑

 

 

母なんて、精神病院にまた入院したりしてたんですけど、ここでもまた男作っちゃって。笑

 

 

いや、笑えないですよね。

 

 

お互いに精神ぶっ壊れてるから余計タチ悪い。笑

 

 

 

まぁ私にはもうどうでもよかったです。

 

 

家族には一切思い入れがなかったし、今もありません。

 

 

私にとっては、家族が誰よりも他人です。笑

 

 

私、相当かわいそうですねー。。笑

 

 

そんなこんなで、私の幸せは、先生と会える時だけだった入学当初の私。

 

 

でも、先生には奥さんがいるし、私のことは一番じゃないんだなというさみしさも常にあって。。

 

 

同じクラスの男の子と、行きの電車が一緒だったので、学校までの20分程の距離を一緒に通うようになったんです。

 

 

180cm越えなのに、体重は50kg程度。

 

 

そんなんで剣道なんてやってるから、びっくりですよね笑

 

骨と皮しかない子でした。

 

 

本が大好きで、いつもライトノベルを読んでて、図書室大好き、将来の夢は図書館司書、小説も書いてる、そんなちょっとオタクっぽい男の子でした。

 

 

 

その子に、ある時学校の階段の踊り場に呼び出されました。

 

 

 

呼び出す=皆さんの想像通りです笑

 

 

 

私は人生で初めて、面と向かって「好きです、付き合ってください」と言われた日でした!

 

 

 

先生とのことなんて、誰にも言えなかったし、もちろんこの子にも言ってなかった。

 

 

 

一緒にいて楽しかったけど、私は先生一直線だったし、この子に恋愛感情はなかった。

 

 

 

でも、私はOKしてしまったんです。

 

 

なんでかって。

 

 

 

こんなに真っ直ぐな愛をもらったのが初めてだったから。

 

 

 

親にも愛されない、先生にとって私は2番目以降の女、私は愛に飢えていたんです。

 

 

素直に嬉しかった。

 

 

だから、甘えてしまったんです。

 

それからは、先生とその彼と、二股生活が始まりました。

 

 

 

彼氏が出来たからと言って、好きじゃなかったし、どんどん先生を好きになっていくばかりで、自分で作った現状とはいえ、なんとも言い表せない複雑な気持ちでした。

 

 

そんなある夜、いつものようにおうちを抜け出して先生と過ごしていたとき。

 

 

 

今までの1度も言ってくれなかったのに、「好きだよ」って言ってくれたんです。

 

 

恥ずかしかったのか、言ってすぐに先生の口で私の口を塞がれ、何も言えないわ私。

 

 

これでスイッチが入ったのかな?笑

 

 

 

この頃から先生に別れてほしいとお願いするようになりました。

 

 

そうです、2番目の女が絶対にしてはいけないことを私はやってしまったのです笑

 

 

好きって言ってくれたし、別れてくれるんじゃないかと私は自信がありました。

 

 

でも、私の気持ちが大きくなればなるほど、先生は遠くなりました。

 

 

だんだんと夜もあってくれなくなったし、土日も忙しくて会えないと言われました。

 

 

夏期講習が近づいてたし、物理的にも本当に無理だったのかもしれないけど、確実にうざがられてましたね。。

 

 

そしてついに、言われてしまうのです。

 

 

「もうこの関係終わりにしよう、別れる気はないんだ」と。

 

 

 

それから、私がどれだけ連絡しても一切返事が来なくなりました。

 

 

 

毎晩毎晩目が溶けちゃうんじゃないかっていうほど泣いて、完全なる大失恋をしました。

 

 

(この間も彼氏います笑)

 

 

 

先生は、ただの遊びだったと思うし、何より35で高校生に手を出しちゃうなんて、今考えるとただただ気持ち悪いんだけど(笑)、当時の私は本当に本当に大好きだったし、1度「好き」って言ってくれたので、今ではいい思い出です。

 

 

(この先生、後のちまた出てくるのでお楽しみにー笑)

 

 

 

 

先生に振られて落ち込んでたけど、誰にも言えず、なんとか取り繕ってたんだけど、1人の敏感な友達にも気づかれ…。

 

 

全部を暴露しました。

 

 

で、「あの子とはどうするの?」と聞かれ、何も答えられない私。

 

 

「嫌いじゃないなら、一度ちゃんと向き合ってみたら?〇〇くんは、しほ たのこと、大好きって言ってたよ。」

 

 

 

と言われ、泣いてしまいました。

 

 

 

これからは彼氏を大切にしようと、ちゃんと向き合うことにしたのです。

 

 

 

という感じで、勉強ダメ部活も辞めて、恋愛もひどいし、どうしようもない高校生活の始まりですね笑

 

 

 

これはまだ高校1年の夏休み前の出来事ですからね!笑

 

 

ほんと、私の人生濃ゆすぎる!笑

 

 

あ、ちなみに、バスケをやめたあとは、吹奏楽部に入りました♪笑

 

 

実は、中学のときも、吹奏楽かバスケで悩んだんですよー。

 

 

だから、バスケがダメなら今度は吹奏楽挑戦してみようって感じで♪

 

 

 

あまりの振り幅に、みんなに驚かれました笑

 

 

 

また夏休み前までのお話しかしていないのに、すでに3000文字を超えております。笑

 

 

ですので、続きはまた明日♪

 

 

今日もいい天気ですねー!

 

 

みなさんにとって、素敵な1日になりますように♪