コミュ障だけど、心は熱い!

私の今までの壮絶な人生、ほとばしるほどの熱い気持ち、その他雑記全て私をさらけ出します! 同志募集! 応援募集! 諸々レビューあり♪

こじらせ トラウマ (裏テーマ 星野源さんに贈る)

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

みなさんこんにちはー!

 

 

 

あら、あっという間にお昼すぎてた。

 

 

 

 

 

 

朝起きてから何も口にしていないので、お水飲みます。

 

 

 

 

 

 

お水おいしい。

 

 

 

 

 

 

お水と炭酸水が好きです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな、私の人生に欠かせないアイテム以上に、この1週間で急激に好きになったひとがいます。

 

 

 

 

 

 

 

星野源さんです。

 

 

 

 

 

 

 

昨日ようやく手に入れた星野さんの2冊の著者を読んでたら、あっという間に時間が過ぎていました。

 

 

私が星野源さんを知ったのは、「心がぽきっとね」の主題歌だったSUNでした。

 

 

 

 

 

 

すごく好きな曲だったし、結構聞いてたけど、そのときはそれ止まりで。

 

 

 

 

 

 

 

 

私って昔からCDはあまり買わなくて、自分で買ったCDなんて今までで2枚だけ。

 

 

 

 

 

 

 

どっちもレミオロメンのアルバムでした。

 

 

 

 

 

 

 

藤巻さんの声は、今でも濡れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びっしょびしょに。

 

 

 

 

 

 

で、源さんをここまで好きになったのは「逃げ恥」で「恋」で、「秀忠」で、限りなく波に乗った感が半端ないんだけど、見た目がかっこいい!とかなんかそういう上っ面な単純な部分ではなく、私は内側から好きになったというか。

 

 

あのひと、だいぶこじらせてますよね。笑

 

 

 

 

だいぶ失礼だし、ひとのこと言えないけど笑

 

 

 

 

 

 

 

私、きっとひとよりも、見なくていいものたくさん目にしてきてるし、とにかく薄っぺらい人間が嫌いなんです。

 

 

 

 

 

あのひとは、常に頭を使っていて、考えて考えて考えて、自分で消費して、荒んで、でも這い上がって、結果、良いもの作っちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそうなんです。

 

 

 

 

 

 

 

無駄に消費して、苦しいからからっぽになりたいのに、でもその状況も怖くて。

 

 

 

 

 

 

きっと、社会不安障害

 

 

 

常に何か不安です。

 

 

 

 

ただ、明確な違いは、彼はそのもやもやを最終的に形に出来ていること。

 

 

 

 

 

 

 

私はただ、こじらせるだけこじらせて、自慰行為で終わってる。

 

 

 

 

 

 

 

ここの違いが、私が彼を猛烈に好きになった、尊敬するところです。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、厚みがあるひとは素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

暗い部屋で、2人でひたすら話して、どんどんどんどんこじらせて、収集つかなくなって、死にたいーとか言い出して、最終的にセックスして後腐れなく終わりにしたい。

 

 

 

 

 

 

これが今の私の願望です。

 

 

 

 

 

 

会うのは1度でいい。

 

 

 

 

 

 

その1度で、彼の歴史上に私の名前もささやかに刻みたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起きてすぐに、源さんの曲が頭の中で流れ出し、まだぼーっとしてる頭に源さんの言葉をそっと流し込む。そんな朝でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、そんなこじらせている私、これは何かのトラウマなんじゃないかと思えることが一つあって。

 

 

 

 

 

 

私、大きい音がとてつもなく苦手なんです。

 

 

 

 

 

 

と言っても、自ら大音量で音楽を聞いたり、予期できている音は平気なのですが、雷や、飛行機の音が大の苦手で、トイレでもソファの上でも、外にいても、必ず両耳を塞いでしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

心がざわついて、いたたまれなくなって、一人でいる時は足をバタバタさせたり、軽く暴れます。

 

 

 

 

 

 

心理学の面でも、私なりの見解ですが、音への拒否反応があるのかなあと思うことがあって。

 

 

 

 

 

 

 

それを拾ってくる情報は目線なんですが、人の目線で、そのひとはどこから記憶を引っ張ってくるのかって言うのがわかったりして、ざっくり言うと、映像だったり、音だったり、感覚だったりって感じで分かれるんですけど、私が過去の話をすると、音から記憶をたどろうとすることってないんですよ。

 

 

 

 

人と話してる自分を観察して思ったことなのであくまでも主観的な話なんですが。

 

 

 

 

 

 

確かに、どんなに好きな人でも顔は思い出せても声はなかなか思い出せないし、そのときそのときの情景は思い出せても、聞こえてくる音は思い出せないんです。

 

 

 

 

 

 

 

なぜだろう。

 

 

 

 

無意識に蓋をしているんですかね。

 

 

 

 

 

 

トラウマになりそうな経験がいっぱいありすぎて、結局のところはわかりませんが(笑)、私が初めて、あ、これがトラウマなのかも…と実感したことだったので書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

音楽が流れればそのときの感情は思い出せるんです。

 

 

 

 

 

 

初体験をした、塾の先生といちゃこらしていた時代によく聞いていたケツメイシの「さくら」が流れると、キュンキュンするような、でも苦しいような、甘酸っぱいような、苦いような、とても複雑な気持ちになるんです。

 

 

 

 

 

 

あとは、鬼太郎の歌かな、思い出にあるのは。

 

 

 

 

 

 

 

私が怖くて嫌いだった鬼太郎の歌を、夜車の中で父がわざと流すんです。

 

 

 

 

 

 

 

すると私は、耳を塞いで、「やだー!」と泣きわめくのです。

 

 

 

 

 

 

 

あ、原因はこれか…?笑

 

 

 

 

 

 

でもなんか違うような。

 

 

 

 

 

 

ここでもこじらせてます。笑

 

 

 

 

 

 

今年の4月にあまりにも耐えられなくなり会社を退社し、自宅警備員歴7ヶ月目に突入しています。

 

 

 

 

 

 

この間に出会った、私の人生の師匠のような方にも、よく当たると噂の占い師にも、会って早々に、「あなたは変人だから、嫌でも確実に人から浮くよ、でも、その分カリスマ性がある」と言われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今まで、親が普通じゃなかった分、普通に普通に、過不足なく生きていきたい、変な人って思われないように、普通に行動しなくちゃと、いつもいつも普通にこだわって生きてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ここに来て救われたんです。

 

 

 

 

 

 

 

ようやく自分を認めることが出来た。

 

 

 

 

 

 

私は変人です!こじらせてます!

 

 

 

 

 

 

 

今なら堂々と言えます。でもただの変人

じゃないんです。

 

 

 

 

 

 

心が熱いだけなんです。

 

 

 

 

 

自分を認めてあげられたことで、だんだんと将来のビジョンも見えてきました。

 

 

 

 

 

 

あとは自分の目で確かめて、耳で聴いて、鼻で嗅いで、感じて、方向性を決めていかないと。

 

 

 

 

 

まだまだ学ぶことはある。

 

 

 

 

 

 

自分のカリスマ性を信じて、やりたいことがある今、全力で怠けてみようかなと思います。

 

 

 

 

 

 

もがきすぎて自分を引っ掻くよりも、余裕ぶっこいて、でも実はおっきい獲物狙ってますスタンスで生きていこうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端に大人ぶって、好きなものも好きと言えないような人生を歩んできてしまったけど、今なら言える!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星野源さん大好きー!笑

 

 

 

 

 

 

 

このように、こじらせてはおりますが、もう自慰行為は終わりにしたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

フリーセックスの世の中にしたい!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

It’s my dream!

 

 

 

 

 

 

 

すみません、今日はいつも以上にこじらせていたので、こう言った形の文章となりました。

 

 

 

 

 

 

 

明日はたぶんまた続きかな?

 

 

 

 

 

 

 

でも最近、言葉が溢れ出て来るので、また今日のような展開かもしれません。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

こう言う私も、楽しんでいってくれたら嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

ではではまた明日ー( ¨̮ )♪