とりあえず、ホットミルク。

私の経験が、あなたの背中を支えることが出来るかもしれない。とりあえずホットミルク飲みましょうか。

そう、甘甘なんです。

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

みなさんこんばんはー!

 

 

 

 

 

今日も1日、星野源さんから離れられませんでした。

 

 

 

 

 

朝からラジオ聴いて、そこからずーっと星野源が今まで出演しているドラマ見て。

 

 

 

 

 

 

 

完全に病気です、何も手につかない。

 

 

 

 

 

 

 

で、この時間になって暗くなってきて、なんだか無性に焦り出す

 

 

 

 

 

 

 

まさかここまでハマるとは。

 

 

 

 

 

 

今日の夜も、逃げ恥が楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

昨日は、こじれすぎて引かれた感じですかね?笑

 

 

 

 

 

 

 

でも、これが私。

 

 

 

 

 

 

 

普通のふりをするのはやめたんです。

 

 

 

 

 

 

たまにひとと会うと、まだまだ普通人気取っちゃうけど、そのうちやめます笑

 

 

 

 

 

 

 

こんな私でも、好きになってくれるひとはたくさんいると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうひとに、届けばいいなと思って、すべてを晒します。

 

 

 

 

 

 

ついに読者の方が80にんを越えました。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

ひとりでも見に来てくれてる方がいる限り、書いている意味はあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

これからも宜しくお願いします♪

 

 

 

 

 

 

ではでは、今日はみなさんお待ちかね(?笑)の私の人生の続きいきますよー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、学部が政治経済学部だったんですけど、六法買わないと行けなくって、これはチャンス!と思った私は、メガネくんに一緒に買いに行こーって誘ったんです。

 

 

 

 

 

 

そしたら、いいよーってなって。

 

 

 

 

 

 

学校の最寄り駅で待ち合わせして、本屋さん行って、お目当ての六法買って。

 

 

 

 

 

 

 

 

「うちくる?」

 

 

 

 

 

 

多少待っていた、この素敵な言葉。

 

 

 

 

 

 

ちょっと迷うふりをしてから、

 

 

 

 

 

「じゃあ、ちょっとだけ」

 

 

 

 

 

 

と、無駄な駆け引きをかまし、公園を通りながら向かいました。

 

 

 

 

 

 

途中、「俺、小さい頃ここの池に落ちちゃってさー、大変だったんだ」って話とか、よく散歩に来てて…とかって昔の話をしてくれたりして、なんか、こういうのいいなーって思って幸せを感じながら歩いていました。

 

 

 

 

 

 

で、まさかのこの子のおうちもそれなりのお金持ちで、おうちも大きくて、彼の部屋だけ離れになってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

前々からおっぱい星人だってことは知ってたし、仲良く話してたときに、おっぱい触るだけなら全然いいよーみたいな話もしてて(もう小さい頃からおっぱいおっぱい言われてきてて、結構触られてきていたので、この頃には既におっぱいに触れられることへの抵抗はほぼ皆無だったのです 笑)。

 

 

 

 

 

 

私は、このとき既に好きだったけど、向こうはまだ彼女と別れてなかったし、変なことになるなんて思ってなくて。

 

 

 

 

 

 

 

でも、甘かったですね。

 

 

 

 

 

ベッドに連れていかれて、「おっぱい触ってもいいんだよね?」って。

 

 

 

 

 

 

 

「うん、触るだけならいいよー」って言ったんですが、男の子舐めてました。

 

 

 

 

 

 

 

興奮してきちゃったみたいで、お洋服脱がそうとしてくるんです、きっと当たり前な展開なんでしょうけど、私はこのときは本当にびっくりしちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女いるし、ゴムないって言うし、洋服が伸びるくらい抵抗して脱がされないようにして、でももうほんと興奮しちゃってて収拾つかなくて。笑

 

 

 

 

 

 

 

「どうしよう!どうしよう!」って焦った私は、ある結論に達するのです。

 

 

 

 

 

 

 

あ、精子をだしてあげればいいのか!

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことで、そこで冷静になった私は、おててとお口でご奉仕してあげました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

出たらもう襲ってこなくなったので、一件落着。笑

 

 

 

 

 

 

でもなんか気まずくて、逃げるように帰りました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからが事件なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以降、めっきり連絡が返ってこなくなって。

 

 

 

 

 

 

サークルで会っても、授業で会っても全然話さないし、電話もなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

彼にとって、私は済んだ女に成り下がってしまったのです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

叶わない恋のほうが引きずりますよね。

 

 

 

 

 

そのあともずーっと引きずって、泣いては同級生、先輩を困らせていました。。笑

 

 

 

 

 

 

 

そういうのもうざかったみたいで、笑

 

 

 

 

 

彼のおうち、多少お金持ちだって言ったじゃないですか、彼、セルシオ乗り回してたし、軽井沢に別荘もあるって言ってたし、また大玉を逃しました。。(結局そこ!?笑)

 

 

 

 

で、そんな状態のまま夏休みに突入し…

 

 

 

 

 

 

 

夏休みにお笑いサークルの合宿があって、私もメガネくんも参加したのですが、

 

 

 

 

お笑いサークル、普段はとくに私たちマネージャーはネタをやったりしないんですけど、合宿の時だけは全員参加なんです。

 

 

 

 

 

で、くじ引きでペアを決めるんですけど、男の子10人女の子10人くらいかな、もっとかな、これくらいの人数で、私メガネくんとペアになっちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

周りも私がふられたこと知ってるし、気まずいけど、でもやっぱり嬉しくて。

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに2人で話せて、嬉しかった。

 

 

 

 

 

で、見事1位に!笑

 

 

 

 

 

 

でも、この頃から、好きすぎて怖くて、そのあと話しかけたかったんだけど、なかなか話しかけられなかった。

 

 

 

 

 

 

 

好きすぎて怖いって思ったのなんて、このひとだけで、後にも先にもない経験です。

 

 

 

 

 

 

叶わない恋への執着心て、半端なーい!笑

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで合宿も終わり、結局何も話せず帰路に着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みも終わり、また授業が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

勘が鋭い私は、すぐに今までと違う空気を感じ取りました。

 

 

 

 

 

 

なんだろうこの嫌な感じ。

 

 

 

 

 

 

夏休み前から、私の友達とメガネくんが急接近していたことは知っていて、その子、私がメガネくんのこと好きだったことも知っていて、色々話してて。

 

 

 

 

 

 

 

で、直接聞くのは怖かったので、別の友達に聞いてもらったんです。

 

 

 

 

 

「付き合い始めたの?」って。

 

 

 

 

 

そしたら帰りの電車の中でその友達からメールが来た。

 

 

 

 

 

 

「勘、鋭すぎだよ、あの二人付き合ってるって。」

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方早めの電車だったので、あまりひとも乗っていなかった電車の中で、私は泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

「あー、やっぱり。なんで私の悪い勘は当たってしまうんだろう…」

 

 

 

 

 

最悪でした。

 

 

 

 

 

 

 

それを聞いてから、授業出るのがつらくなったし、その女の子とは一切しゃべれなくなったし、もう最悪でした。

 

 

 

 

 

 

 

中学の時に付き合ったひとともそうだった。

 

 

 

 

 

 

私って、友達に取られること多いみたいですね。笑

 

 

 

 

 

 

1限の授業に、二人で遅刻して教室に入ってくる姿を見るときは発狂してしまいそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日のように菅原紗由理の曲聴きながら泣いて泣いて。

 

 

 

 

君に贈る歌

 

 

 

 

 

 

 

懐かしいですね。

 

 

今でも聴くと思い出しちゃう。。

 

 

 

 

 

 

でも全然諦められなくて、そのあとも告白したんです。

 

 

 

 

 

わかってはいたけど、やっぱり断られて。

 

 

 

 

 

 

10回も告白されても…みたいなことも言われるし…そんなにしてないもん、!5回くらいだもん…。笑(充分しつこいか  。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、「彼女の悪口言いふらしてるんでしょ?彼女から聞いたよ。そういうのはやめてよ」と、覚えのないことを言われて…

 

 

 

 

 

 

友達が、「私の悪口言いふらしてる」的なことを言ったんでしょうね、言ってないのに。

 

 

 

 

 

 

ほんと、最悪でしたよ。。泣

 

 

 

 

 

まさか、嘘までつくとは思わなかった、友達。

 

 

 

 

 

 

 

女の子って、怖いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、私とメガネくんの話はとりあえず終了です。

 

 

 

 

 

 

 

ただただ、辛かった。

 

 

 

 

両想いだった時期が絶対あったはずなのに。

 

 

 

 

 

勘違いかもだけど、そう思いたい!笑

 

 

 

 

もしみなさんの中に、今現在この当時の私みたいな環境にいるひとがいたら、タイミングを逃さないでくださいね!

 

 

 

 

 

やっぱり、恋愛はタイミングが大事です。

 

 

 

 

 

 

安心してあぐらかいてると、ほかのひとにもってかれます。すごくつらいです。

 

 

 

 

 

だから、確実にモノにしてくださいね!

 

 

 

私みたいな想い、絶対しないでくださいね!

 

 

 

 

私は完全に調子乗りすぎですけどね。笑

 

 

 

 

 

好きって言えるときに、ちゃんと好きって言いたいですね。

 

 

 

 

 

 

今日はメガネくんの話で終了です。

 

 

 

 

 

ではまた明日、大学生活の続きでも書いていきますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

また明日ー( ¨̮ )♪