読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュ障だけど、心は熱い!

私の今までの壮絶な人生、ほとばしるほどの熱い気持ち、その他雑記全て私をさらけ出します! 同志募集! 応援募集! 諸々レビューあり♪

やっぱり都会は怖い。笑

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

みなさんこんにちはー!

 

 

 

今日は、外に出ています。

 

 

都内に用事があったので、早めに出てずっと行ってみたかったカフェに来ています。

 

 

 

 

 

はちみつティーラテが甘すぎる。

 

 

 

 

プリンよりも甘い。

 

 

 

 

甘すぎてびっくりしたのは初めてです。笑

 

 

 

 

 

でも、やっぱりクレームブリュレはおいしい。

 

 

 

 

 

 

クレームブリュレって、声に出して言えないんですよ、滑舌が悪くて。

 

 

 

 

 

 

歳をとって、滑舌が悪いのって残念ですよね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

滑舌よくなる方法、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も、コウノドリの続き見てたんですけど、笑わない星野源さんも好きです。

 

 

 

 

 

結局頭の中は相変わらず星野源さんでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

昨日は、夢に出て来ますようにって思いながら寝たのに、出て来たのは要潤だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても飲み物あまっ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

で、コウノドリ見てて、いろいろ考えちゃって。

 

 

 

 

 

 

ざっくり言うと、産婦人科?になるのかな、病院の話なんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

私、自分に子供が出来るのが怖くて。

 

 

 

 

 

 

 

この歳になっても、考えは変わらずで。

 

 

 

 

 

 

理由は3つほどあります。

 

 

 

まず、極度に自分に自信がない。

 

 

 

昔から、どうしても自分のこと好きになれなくて。

 

 

とにかく自信がない。

 

 

 

だから、自分の遺伝子が残るのも怖い。

 

 

 

私の遺伝子残したくない。

 

 

 

次に、あんな親から生まれた私が子供なんてちゃんと育てられるわけないって思ってる。

 

 

 

 

 

 

今まで親を見て来て全てが反面教師だった。

 

 

 

「こうなっちゃいけない」

 

 

 

「こうしちゃいけない」

 

 

 

 

 

だから、どんなに家の中が悲惨でも、絶対に不良にはならないって決めてた。

 

 

 

 

 

どんなにつらくても、まっとうに生きてやるって決めてた。

 

 

 

 

 

セックスに逃げたし、男性を頼りに生きてきたけど、それは後悔していない、自分なりに生き方を見つけて頑張ってきたと自負してる。

 

 

 

 

 

それでも結局、私は彼らの子供だ。

 

 

 

 

 

いくら反面教師で生きてきていても、自分では気づいていない、彼らに似ている部分はたくさんあるんだと思う。

 

 

 

 

 

そう思うと、ゾッとするけど、そこに関しては意識ではどうしようもできない。

 

 

 

 

結局同じ思いをさせてしまうんじゃないかと思うことが怖い。

 

 

 

 

 

 

最後に、そもそもお腹の中に子供がいる状況も怖い。

 

 

 

 

 

限りなく子供っぽい理由だけど、つまりはお腹の中に自分の意志に反して動くものが入ってるってことでしょ?

 

 

 

 

 

怖い、怖すぎる。

 

 

 

 

 

 

手足がお腹を突き破ってくる映像しか浮かんでこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じだ。

 

 

 

 

 

 

話は前後しますが、そんな私にも母になるチャンスが来たんです。

 

 

6、7年前かな。

 

 

 

 

 

生理がこなくて、なんだか体もおかしくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかと思った時には私は既にお母さんだった。

 

 

 

 

 

 

ただただ怖かった。

 

 

 

 

 

 

怖くて怖くて、私には産むという選択肢は微塵も思い浮かばなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術の前は全く眠れなくて、結局そのまま手術台へ。

 

 

 

 

 

 

意識が戻った私は、「痛い、痛い」と言いながら泣いていた。

 

 

 

 

 

お腹の中がとにかく痛かった。

 

 

 

 

 

ごめんなさいという思いと、安堵してる私。

 

 

 

 

 

 

こんなに月日は経っているのに、未だにあのときの気持ちは上手く言い表せない。

 

 

 

 

 

 

 

ふと思い出すこともあるけど、今の私にはあの子に何も出来ない。

 

 

 

 

 

一生心に留めておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

こんなんだから、不妊治療までして、子供が欲しいと思うひとの気持ちが全くわからないんです。

 

 

 

 

 

でも、コウノドリを見ていると、お母さんと赤ちゃんが頑張って頑張って無事に生まれてくるシーンを見ていると、必ず涙が出るんです。

 

 

 

 

 

 

 

どんな涙なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

流しながらも自分の感情がなかなか掴めなくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

羨ましいのかな。

 

 

 

 

 

とにかくまだまだ私は子供で、早く大人にならなくちゃってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

いつか心から子供が欲しいって思える日がくるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

いつもより短い記事ですが、これから目的地に向かわなくてはいけないので今日はこれで終わりにします。

 

 

 

 

 

 

ではでは、また明日ー( ¨̮ )♪