とりあえず、ホットミルク。

私の経験が、あなたの背中を支えることが出来るかもしれない。とりあえずホットミルク飲みましょうか。

ゆるゆるあうとろーな道へ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんばんはー!

 

 

 

 

 

 

昨日の夜、前の夜のビーフシチューを作った時に余った野菜さんたちを使って、肉じゃがを作りました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

予想以上においしくて!

 

 

 

 

 

 

私、料理あんまり出来ないって思って、苦手意識けっこうあるんですけど、旦那さんは、料理のセンスあるよ!って言ってもらえて、あ、そうなんだ!発見!笑 みたいな感じです笑

 

 

 

 

 

 

 

始まるまでは少しおっくうなんだけど、いざやりだすと確かに面白くて♪

 

 

 

 

 

 

 

意外と向いているかもしれません♪

 

 

 

 

 

 

昨日、旦那さんのお母さんがまた作った野菜を送ってくれたんです!

 

 

 

 

 

 

 

白菜、大根、キャベツ、レタス、ブロッコリー、トマト。

 

 

 

 

 

 

 

どれもこれも立派な野菜たち。

 

 

 

 

 

 

お仕事をしながら、あんなに立派な野菜を作っちゃうお母さんははすごいなあ、一次産業すごいなあと。

 

 

 

 

 

 

何より、味が濃いいんですよ、野菜の味が。

 

 

 

 

 

そばとかお菓子とかも送ってくれて、優しさが身に染みています。

 

 

 

 

 

 

 

大事に、おいしくいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日さっそく、白菜と大根で浅漬けを作って、ブロッコリーはしおれちゃう前に茹でました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日肉じゃがと一緒に作った、半熟味玉がおいしく出来ていて感動!

 

 

 

 

 

 

初めて作ったんですけど、我ながら、すっごく美味しくできましたー!

 

 

 

 

 

 

定期的に作ろーっと♪

 

 

 

 

 

 

 

私、主婦ってるなー!って思った今日でした。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、私、ここ1、2年で、叶える気はない、心の中でぼそっと思ってる夢があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

それは、「女優になること」です!

 

 

 

 

 

 

 

自分とは?とか、自分探しとかって、とっても大事だし、知っておかなくちゃいけないと思うんだけど、やっぱりときどきそういうのって息が詰まるっていうか。

 

 

 

 

 

 

それに、私、好奇心旺盛すぎて、なりたい職業たっくさんあるんです!

 

 

 

 

 

 

 

その点、女優になればいろんな職業につけるし、いろんな「ヒト」になれるんです。

 

 

 

 

 

 

星野源さんの著書にも書いてあった、「自分なくし」っていうことにすっごく憧れてて。

 

 

 

 

 

「自分じゃない誰かになってみたい」ってけっこう前から思ってたんですけど、なんだかこれじゃ自暴自棄みたいで他の人には言いにくいみたいな感じで。

 

 

 

 

 

ようやく、星野源さんが言い当ててくれた感じがして。

 

 

 

 

 

 

 

なんだか少しすっきりしたんです。

 

 

 

 

 

 

でも逆に、「自分なくし」という行為を、とても苦痛に感じるひともいるみたいなんですよ。

 

 

 

 

 

自分以外の誰かになるなんて疲れるってひと。

 

 

 

 

 

みなさんはどっち派ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が女優になることをなんであきらめたかって、やっぱり容姿ですねー。

 

 

 

 

 

 

あんまりきれいじゃないひともいるけど、やっぱり憧れるのってみんながきれいとか、憧れる存在になりたいじゃないですか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら私はそんな容姿を持ち合わせていないので断念した次第であります。。笑

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり「自分なくし」には憧れてますね、今でも。

 

 

 

 

 

 

ではでは今日は、久しぶりに過去の話の続きでも書こうかなーと思ってます♪

 

 

 

 

 

 

 

大学生のときの話なんですけど、いつも一緒に授業受けてる4人と、お笑いサークルで急激になった女の子と、同じ学部で、どういう経緯かは忘れたけど、1対1で仲良くしている女の子がいて。

 

 

 

 

 

 

今日はその、最後の女の子の話なんですけど。

 

 

 

 

 

 

あ、思い出した、なんかのサークルで仲良くなったんだった。

 

 

 

 

 

 

その子は、私のイメージでは、マンガのNANAみたいな感じの子で。

 

 

 

 

 

 

なんだか他の子とは違うなーって印象を持ってて、すっごく興味を持ったんです!

 

 

 

で、けっこうクールな子だったので、あたしが一方的に誘うみたいな感じで笑

 

 

 

 

 

 

 

おうち遊びに行きたいーって言ったら、ある時その子のおうちで鍋をすることになって。

 

 

 

 

 

 

おうちで鍋しながらお酒飲んで、その子タバコ吸ってたんです、しかもなんか外国のやつ!

 

 

 

 

 

 

 

大学生のころなんて、タバコかっこいいー!とか思っちゃうバカな子だったので、私にもちょーだい!って言って、二人でタバコ吸いながらダラダラして。

 

 

 

 

 

 

 

この子がいなかったら、タバコ吸い始めてなかったんだろうなー。

 

 

 

 

 

 

あ、この子のせいで…とか後ろ向きな意味ではなく、上手く言えないけど前向きな意味で捉えてください!

 

 

 

 

 

 

私の中で、私とは正反対のひとだと思ってたから、全てがかっこよく見えて、憧れて、けっこう影響受けてましたねー。笑

 

 

 

 

 

 

 

で、このときもまだまだメガネくんのことが好きだった私。

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネくんは確か緑色のタバコ吸ってたはず…同じの吸いたい!ってなって、初めからハイライトメンソールを吸ってました笑

 

 

 

 

 

 

 

かわいいですねー!健気ですねー!笑

 

 

 

 

あるとき、次の気が期限の課題をおうちでやってたら、その女の子からメールが!

 

 

 

 

 

 

 

「今からうちこない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その子から誘ってくることなんて今まで1度もなかったので嬉しくて嬉しくて!

 

 

 

 

 

 

 

 

課題やってる→けど、行きたい→どうしたものか…→その子んちで課題やりながら飲む。←ここに落ち着く、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

課題を持って、なんだかダッシュしてその子んちに向かったのを覚えています。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

で、何が言いたいかって、察しの言い方は気づいたかもですが、私、完全に恋してますよね!笑

 

 

 

 

 

 

 

無駄にドキドキしてたし!笑

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、女の子を好きになった初めてのひとです。笑

 

 

 

 

 

 

あ、でも、バイまではいかないと思います!

 

 

 

 

 

 

この後も、1人だけドキドキしてしまう女性の方がいたのですが、この2人にだけは確実に他の女性には持たない感情を持ってたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2人の共通点は、「かっこいい」でしたね。

 

 

 

 

それだけじゃなくて、なんだか色気もあって、可愛さもあって、キレイさもあって、ミステリアスで。

 

 

 

 

 

 

一時期、「ミステリアスな女性になる!」っていうのが目標だったときがあるので、ミステリアスな女性に惹かれてしまうのかもしれないですね!

 

 

 

 

 

完全に目覚めてたら、今ごろは女の子と付き合ってたかもしれないですね♪

 

 

 

 

 

 

そうなったらそうなったで、楽しそうですけどね♪

 

 

 

 

 

 

みなさんは同性にドキドキしたことありせんか?

 

 

 

 

 

 

もしあれば教えてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

こうやって、失恋したり、女の子にドキドキしたり、課題頑張ったりしているうちに、だんだんと中退していく友達も増えてきて。

 

 

 

 

 

 

 

仲良かったのに、中退しちゃって、その後全く会えてない友達もいたりして。

 

 

 

 

 

 

 

おうちの中は、相変わらずぐちゃぐちゃだし、私も少しずつ中退への気持ちが現れ始めてきたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、おうちではある決断が待っていました。

 

 

 

 

 

 

 

では、明日はこの話をしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、大学生のときに、サークルで仲良くなった男の子がいて、相談したいことあるって言うから、何ー?って言ったら、「〇〇ちゃんのことで相談乗って欲しい」とか言うんですね、でも、私、その〇〇ちゃんとほとんど面識なくって、違う子に相談した方がいいんじゃない?って言ったんです、でも私に乗ってほしいって言ってきて。

 

 

 

 

 

 

じゃあいつ会える?って聞いたら、その男の子1年の段階から教職の授業取ってて、だいたい6限あるとか言い出して。

 

 

 

 

 

 

待ってるのはやだなーと思ってたら、じゃあ電話でいいよ!とか言うんだけど、その時極度に電話嫌いで、やだ!って言って、どうしようもないから、じゃあ無理だね!ってそこからブッチしたんです。笑

 

 

 

 

 

 

友達が言うには、私のことが好きだったんだよ!気づいてあげて!って言われたんですけどやっぱりそうなんですか?笑

 

 

 

そう言われてやっと気づくっていう鈍感さを発揮した事件でした。笑

 

 

 

 

 

私、「妖怪 ボケつぶし」なんですよ笑

 

 

 

 

 

相手のボケも、本気で受け入れちゃって、相手にこんなボケでしたーって説させてしまうんですよ。。

 

 

 

 

恐ろしいですよね。笑

 

 

 

 

 

あ、余談ですが、たまたまその1年後くらいにFacebookで見つけて、あるとき「今度飲みに行こう!」って来たから、「行こう行こう!」って返したらその後何もないのですが、あれはなんだったのー!?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、広告を見てくださってる方、本当にありがとうございます。

 

 

 

よかったら、今日も広告プッシュお願いします♪

 

 

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

ではでは、また明日ー( ¨̮ )♪