とりあえず、ホットミルク。

私の経験が、あなたの背中を支えることが出来るかもしれない。とりあえずホットミルク飲みましょうか。

アドラー、課題の分離

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは~!

 

 

 

 

 

しほ たで~す!

 

 

 

 

 

 

アドラーで、「課題の分離」という言葉が出てくるんですけど、みなさんご存知ですが?

 

 

 

 

 

 

 

それは、自分の課題なのか、相手の課題なのか、そこを見極められないから対人関係で無駄に苦労するみたいなんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、相手に何か言うとする、それを言ったことによって相手がどう思うかは相手の課題なので、こっちがどれだけ考えてもわかりえないこと。

 

 

 

 

 

それなのに、どう思われたかなーなど、いろいろと考えて、相手の課題に踏み込んでしまう、これが良くないみたいなんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうは言っても、気になりますよね~。笑

 

 

 

 

 

 

アドラー心理学を実際に実行しようとすると、結構大変ですよね。笑

 

 

 

 

 

 

 

でも、自分を抑えて、相手に合わせることをやめるのが一番ですよね。

 

 

 

 

 

 

自分は自分。しっかりと自分を出していけば、それが嫌いなひとは自然と離れていきます。

そうすると、周りには自分を認めてくれているひとたちだけになる。

 

 

 

 

 

 

とても過ごしやすい環境の出来上がりです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、自分をしっかり表現するってことはとっても大切で、そのためには自分のことを知ることが大切ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、やっぱり一番大事にしなければいけないのは自分なんですよね。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと可愛がって、大事にしないとですね!

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、いつものように私の頭の中を垂れ流すことから始めました!

 

 

 

 

 

 

改めましてこんにちは!笑

 

 

 

 

 

過去のこと全て晒してから今の自分の考えとかを書いていこうと思ってたのに、途中で我慢出来なくなって、考えてること垂れ流してきてしまったので、ぐちゃぐちゃな感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

これが読みにくいってことなのかも、確かに読みにくいかも!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

仕切り直しとかはしたくないし、これからは今の考えに乗せて、過去のこともまた少しずつ振り返ろうかなーと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

今思うと、親が2度目の離婚をしたあたりからは、ただの私のろくでもない生活が始まるだけなので、とりあえずは振り返りは終わってるのかな、うん、きっとそう!

 

 

 

 

 

 

 

ただひとつ、大事件を思い出したのでそれも載せておこうかなーと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両親が離婚して、父が母の友達と不倫していたことを知り(最低①)、ある日突然父が学校に迎えに来て、勝手に引越しが済んでいて(最低②)、否応なしに新しい家族との生活が始まり(気まずさ①)、そんな中でも出ていくあてのない私はとりあえずそこの環境に馴染むしかなく(偉い私①)、最初はなんとなーく上手くいってる風だった新家族。

 

 

 

 

 

 

継母とは以前から知り合いだったこともあり、最初は変な感じだったけど、意外とか仲良くやっていたんです。

 

 

 

 

 

 

 

むしろ父が嫉妬するくらい仲良かった。

 

 

 

 

 

 

 

で、暴力で解決し、金で物を言わす父は、やはり普通の暮らしなど続くはずもなく、早くも暴力暴力暴力の日々。

 

 

 

 

 

 

 

継母がボコボコにされ、口ごたえした私もボコボコにされ、私のあばらは今でもきっとその時のせいでうつ伏せに寝ると痛いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな父です、本当に最悪なんです。

 

 

 

 

 

 

ある日本当に耐えられなくなって、私の手は包丁に伸びていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ひとを殺すなんて嫌だったし、かと言って痛いの嫌いだから自殺なんて出来なかった。

 

 

 

 

 

 

 

そんな私がとった行動。

 

 

 

 

 

 

父に包丁を差し出し、「殺して!」

 

 

 

 

 

 

 

私はこう叫んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

今でも忘れません。

 

 

 

 

 

ドラマみたいだよね。笑

 

 

 

 

 

 

 

実の父親に対して、早く死んでくれとこんなにも心から思っている娘は私以外にどれくらいいるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

そういうひとを集めて、カラオケで騒ぎたいです。笑

 

 

 

 

 

 

 

狂気を感じますね♪笑

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、思い出したことがあれば載せていくことにしました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の課題の分離の話に戻るけど、相手がどう思ってるかなんて気にしたってしょうがないって思うけど、送ったメールの返事が返ってこないときはさすがに凹みますよアドラーさん!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構真剣なメールだったのに、既読スルーされている私はまだまだラポールが取れていなかったということですね、ショック。

 

 

 

 

 

なんだかんだ、課題の分離が出来ていないせいで落ち込んでいる私でしたー。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださってるみなさま、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

途中から見てくださっているみなさん。もしよろしければ、最初の記事から読んで頂けるともっと嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

あと、広告のクリックもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ協力してくださっている方が増えてきているんです、本当に嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、宜しくお願いします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、また明日ー( ¨̮ )♪