とりあえず、ホットミルク。

私の経験が、あなたの背中を支えることが出来るかもしれない。とりあえずホットミルク飲みましょうか。

自分のことでいっぱいいっぱいになったとき

こんばんは、しほ たです。

 

またお休みしてしまいました。。

 

 

でも、あきらめずに頑張ろうとしている自分がいる、そこは評価してあげたい!笑

 

 

あなたは、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうことはありますか?

 

 

きっと、かなしいことがあったときに多いかもしれません。

 

嬉しいとき、楽しいときもそうです、酔っ払ったひとたちが周りを気にせず大きな声で盛り上がっている時なんかは自分(たち)でいっぱいいっぱいになっているとも言えるかもしれませんね。

 

 

特にかなしいときは、どんどん自分の殻に閉じこもって、どこまでも落ちていく感覚に陥ることもあるでしょう。

 

そんなときは、自分から一度離れてみることが大切です。

 

自分を客観視するのです。

 

今の自分はどんなふうに見えるか、どうにかする方法はないのか、何か助言してあげられることはないか。

 

 

そういったことを冷静に考えたあと、他人の目になってみてください。

 

こんな自分はほかの人にはどう映っているのか、どんなひとに見えるのか。

 

最後にあなたが大事にしているひとを思い浮かべて、その人になってみてください。

 

そのひとがどう思うのか、どんな気持ちになるのか。

 

そしてまた自分に戻ってみてください。

 

きっと何か気づくことがあるはずです。

 

自分から離れてみて、客観視することは、自分を大切にするということはもちろん、他人、大事な人をも大切にする行為なんです。

 

落ち込んだとき、かなしいときこそラッキーだと思ってください。

 

あなたが成長するチャンスです。

 

私も、こころがけています。